大学の就職偏差値

最近大学の就職偏差値というものが話題になっています。今学生の就職内定率の低迷が問題になっているようです。ただ単に大学を偏差値の高低によって選択するのではなく、増えているのは就職率の高い大学を選ぶという考え方です。どんな企業が大学生に人気なのかを表したランキングや、有力企業を日経平均株価指数の採用銘柄から400社選びその企業への就職率を順位で示している資料もあるようです。高い就職率を誇る大学というのは、大切な大学選択の要素だといえるのではないでしょうか。

 

高額な年収をもらえる企業への就職率が高い大学や、高い就職内定率を誇る大学の中には偏差値が低い大学もあります。偏差値や大学の環境、どんな勉強ができるかということだけではなく、大学選択において必要なのは卒業後にどんな仕事をしたいのかということもしっかり見据えることではないでしょうか。小樽商科大学は2012年度に就職率が高い大学として話題になったようですが、有名大学のように入学偏差値は高いわけではありません。

 

プラクティカルなキャリア教育に熱心なため、就職実績が非常に優秀な大学だといえるのが小樽商科大学なのです。大企業からも評判がよく、活躍をしている卒業生もたくさんいるといいます。就職活動には、受験するときに偏差値の低い大学に入ったことはハンデにならないこともあるのです。偏差値に左右されることなく有名な企業へ就職することも、大学における就職支援の内容や就職を見据えたカリキュラムによって可能であるといえるでしょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。